クレジットカード現金化の方法って?現金化できる業者を比較します

クレジットカード現金化

クレジットカードを現金化する裏ワザ

クレジットカードが使える状況であれば問題はありませんが、クレジットカードが使えずに、現金が必要なケースってありますよね。
そんな時、あなたはどうしていますか?
消費者金融を利用しているという人もいるかもしれません。
確かに消費者金融も便利ではありますが、利息が高すぎますよね。
もっと簡単で、もっと低い利息でお金を借りる方法が存在します。
それはクレジットカードの現金化です。

クレジットカードって現金化できるの?
クレジットカードを新規で作った時に、そんな説明はされなかったけど?
そう思う人もいるでしょう。

クレジットカード会社から提供しているサービスではなく、法の抜け道的な方法で専用の業者が行っているサービスがクレジットカードの現金化なのです。

そのため消費者金融のように法律にのっとった上で経営を行う必要もなければ、違法行為だと逮捕される心配もありありません。
まさにクレジットカードの現金化は裏ワザ的な方法だと言えるでしょう。

利用方法も簡単です。
業者のサイトから商品を購入します。
商品なんて欲しくないけど?そう思うかもしれませんが、商品のやり取りを挟む事は表向きには必要な事なので、ここは業者の進めるまま商品を購入して下さい。
そしてその商品を買い取ってもらう事で現金を手に入れる事ができるという仕組みです。
後は、クレジットカードでショッピングをした時と同じように、月末になると請求書が届くので、届いた請求書でお金を返済していくという点は普通のクレジットカードの利用方法と違いはありません。

もちろん一括が厳しい時は、分割のリボ払いにしても、利息は5%程度と消費者金融と比べても低いですよね。

クレジットカードの現金化には審査がない

審査お金がないからお金を借りたいと思っている時に、期待していたお金を借りる事ができないと予定が立ち行かなくなってしまいますよね。
例えば消費者金融の場合、申込みはWEB完結で、即日対応なんて書かれてあります。
だからこれで今日中にお金を手に入れる事ができる。
そんなふうに思っている人も少なくないでしょう。
しかし、消費者金融はお金を貸す人は選びます

貸したお金が返ってこなければ、消費者金融の利益を損なう結果になってしまうので、返済能力があるかどうか最初に審査を行います。
年収だけでなく、家族構成や勤務先、勤務年数や住宅事情などの個人の情報に加えて、借金の有無などの信用情報も確認します。
どちらかで、この人物は返済能力に問題があると判断されたら、審査に通らずお金を借りる事ができません。

大手消費者金融ほど、申し込み者が多い分、審査が厳しくなると言われています。
対してクレジットカードの現金化は、審査は一切ありません。
どれだけ消費者金融ですでに借金をしている状態であっても、現在クレジットカードが使える状態であれば、現金化を行う事が可能です。
しかし不思議に思いませんか?お金を貸して、返済されなかったら損をするのは業者じゃないの?

審査をしなくても大丈夫なの?と。
しかしながら、業者は損をしません。
現金を貸す前に、商品を得ているからです。
そのため、もしクレジットカードの現金化をした人で返済が滞ってしまっても、困るのはクレジットカード会社であり、業者は困らないため審査をしなくても平気だというわけです。
ただ、業者は被害を被る心配がないから審査を行わないというのは、純粋に喜べる状態ではありませんよね。

どのような書類を提出するのか

窓口からの申し込みをする場合には、まずは書面の原本を持って行って、そこでコピーを相手に取ってもらうという形でも大丈夫です。
しかし、最近では窓口からの申し込みというケースは少なく、大半がインターネット上での申し込みという形になります。
なので、その場合に提出をする場合は、郵送であったりメールに添付をすると言う形になります。

メールに添付をするのであれば、自分で撮影したデジタルカメラなどの画像を、指示されたアドレスに対して画像を添付する形で送信していきます。
相手側が指定したアプリを使うという場合もありますが、画像を添付するだけなのでそこまで難しいことはありません。

郵送をするのであれば、自前でとった書面のコピーを封書に入れて、指定された住所まで送付することになります。
メールと違って、実際に郵送をする場合には届くまでの時間差がありますから、振り込まれるまでにタイムラグが生まれてしまうことになります。

できるだけ早く振り込みをしてもらいたいのであれば、素早く行えるメールなどの方法が一番でしょう。

おすすめの現金化業者を比較しました

ここでは現金化の業者を利用する際に注目したいポイントを比較しています。
トラブルにならないために、どの業者が良いのかしっかり比較して選びましょう。

なごみギフト商標画像

営業時間 9:00~19:00
最短入金時間 5分
支払方法 リボ・分割・一括

生活ギフト商標画像

営業時間 年中無休8:00~22:00
最短入金時間 5分
支払方法 一括・分割・リボ払い

ピュアサポート商標画像

営業時間 10:00~17:00
(土10:00~17:00 日・祝11:00~17:00)
最短入金時間 5分
支払方法 リボ払いや分割払い

サポートギフト商標画像

営業時間 年中無休8:00~22:00
最短入金時間 5分
支払方法 リボ払いや分割払い・ボーナス一括払い

サンライフギフト商標画像

営業時間 9:00~21:00
最短入金時間 5分
支払方法 一括い、分割払い、リボ払い

換金堂商標画像

営業時間 年中無休8:00~21:00
最短入金時間 5分
支払方法 分割・リボ・一括

和光クレジット商標画像

営業時間 8:00~21:00
最短入金時間 5分
支払方法

アルパコクレジット商標画像

営業時間 年中無休9:00~21:00
最短入金時間 5分
支払方法 一括払い、分割払い、リボ払い

安心くん商標画像

営業時間 年中無休8:00~21:00
最短入金時間 10分
支払方法 一括払い、分割払い、リボ払い

あおぞらクレジット商標画像

営業時間 9:00~21:00
最短入金時間 20分
支払方法 分割・リボ払い・ボーナス一括払い

気になる還元率ランキング

現金化する際に最も気になるのは還元率、と言う方は多いのではないでしょうか。
ここでは還元率を分かりやすくランキング形式でまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

業者名 最大還元率
還元率1位 換金堂 98.4%
還元率2位 生活ギフト 98%
還元率3位 ピュアサポート 98%
還元率4位 サポートギフト 98%
還元率5位 アルパコクレジット 98%
還元率6位 安心くん 98%
還元率7位 なごみギフト 96%
還元率8位 サンライフギフト 95%
還元率9位 あおぞらクレジット 95%
還元率10位 和光クレジット 91%

金利的にお得に利用できる

お得クレジットカードの現金化という行為は、悪質な業者に狙われることが多いのも事実です。
ローンが組めないときに対策として使われることがあるなど、抜け道として利用されることが多いだけに、そこに付け込まれてしまうのかもしれません。
ですが、やっていること自体は何ら違法のものではなく、合法の手段であるのでそこは安心できるかと思います。

例えば、クレジットカード現金化というやり方が効果的になるのはどのようなときでしょうか。
ある人がクレジットカードを使っていて、そのカードにキャッシングがついていないものの、現金が早急に必要になったというときなどには有効です。
カードローンを申し込みたいと思っても、借金などで審査に受かりづらい状況になってしまうこともあります。

そこで、すぐにでもお金が欲しいというときには手堅い手段であるといえるでしょう。
お金が必要なときにも、金融会社などから借り入れをするのはリスクもあります。
そういったリスクなしで、現金を入手できるクレジットカードの現金化という方法は便利だといえます。

利息が高いと返済が大変になる

お金を借りる時には、お金を借りれるかどうかにだけ焦点がおかれがちで、返済時の事は後回しになっていませんか?
確かにお金を借りる事は必要ですが、同時に借りたお金を返済できるかどうかもキチンと考えてから借りる必要があります。

例えば100万円を借りて、100万円返済するのなら頑張ればなんとかなるかもしれません。
ですが、現実は違います。
消費者金融はボランティアでお金を貸している訳ではなく、商売としてお金を貸しています。
そのため法律で決められた金利の上限までを利息につけて、返済しなければいけません。
現時点で上限は18%程度です。

100万円で18%だと118万円となるわけですが、+18万円とは1年間でつく利息の事です。
もし、2年なら36万円、3年なら54万円もの利息を払う必要があります。

100万円借りて約1.5倍の金額を返済するわけですから、利息が高すぎると嘆く気持ちも理解できますよね。

もっと安い利息でお金を借りる事は出来ないの?
そう思うかもしれません。銀行のキャッシングサービスなら、消費者金融よりも安い利息で借りる事は可能です。
しかし、お金を借りるまでの手続きに時間がかかったり、また審査が厳しくて急いでお金を借りたい人には不向きです。
むしろおススメはクレジットカードの現金化と言えるでしょう。

クレジットカードの現金化なら消費者金融よりも早く、そして銀行よりも利息が低くお金を借りる事が可能です。
興味をもった人は、実際にクレジットカードの現金化を行っている業者のサイトがあるので、やり方を確認して下さい。

無収入では融資を受けられない現実

融資融資を受けるためには一定の収入が必要です。
また借入れることが出来る額は、年収の三分の一までと定められています。
かつては現在よりも緩い条件で借入れが出来ましたが、改正賃金業法により厳しく管理されるようになりました。
一定の収入を持たない人、学生・専業主婦・無職の場合は一切融資を受けることが出来ません。
同居人や配偶者に支払い能力があっても、そこは評価されません。
重要なのは本人の返済能力です。

クレジットカードにはキャッシング機能がついていますが、こちらも融資に該当するため、返済能力がない人の一存では利用できません。
クレジットカードの現金化が重宝される背景は、まさしくここです。
ショッピング枠を利用した現金化は名目上“買い物”であり、口を滑らさない限り、それが融資であると知れることはありません。

また改正賃金業法の制限が及ばないため、限度額+当月の残高以内であれば、繰り返し融資を受けられます。
しかし一点だけ注意してほしいことがあります。
それは、返済に際して発生する手数料(金利)です。
分割払いを選択した場合は、二回目以降の支払い時に金利が課せられます。
回数がかさめば金利もかさむので、現金化の前にはある程度、返済プランを練っておきましょう。

目的用途は自由

クレジットカードの現金化で得た現金は、何に使っても自由です。
もしこれが、親や友達に借りたお金であれば、とてもじゃありませんが、遊ぶお金のためやギャンブルのためには使えませんよね。
全うなお金という気がするからです。

もちろん、生活費が足りなくてどうしようもなく、なんて時に親や友達を頼るのも、逆に心配をかけてしまいそうで嫌だと思う人もいるかもしれません。
ですが、クレジットカードの現金化の場合は、どんな用途でお金を借りても、きちんと返済さえすれば、誰かに文句を言われる筋合いはありません。
もっとも、あまり遊ぶお金やギャンブルのために、お金を借りるという感覚は身につけない方が自分のためという意見もあります。

クレジットカードの現金化で気軽にお金を借りて、分割にすれば、月額の返済額なんて大した事がないと思うかもしれません。
ですが、ちりも積もれば山となるという言葉もありますが、小さい金額だって積み重なると大きな負担になる事もあるという事を理解しておきましょう。

ずっと今の生活や今の給与が保証されているわけではありません。
今だって大して稼いでいないから生活費が足りなくなって、クレジットカードの現金化が必要なんだという人もいるかもしれません。
ですが、仕事を首になる、病気になって働けなくなる、今よりもさらに追いつめられた状況になる可能性だってゼロではありません。
そう考えると、必要最低限以外のお金はあまり借金をしないで、むしろ貯金をしておく事こそが大切だと言えるでしょう。
備えあれば憂いなしです。
ただ、目的用途が自由なのは使い勝手はいいですよね。

普及してきたクレジットカード

クレジットカードクレジットカードによる買い物は、今では多くの人の生活に浸透しているかと思います。
クレジットカードを利用することに抵抗がある人もまだいるかもしれませんが、それも少数になってきていることでしょう。

大人であれば、買い物に気軽に使えるクレジットカードを1枚か2枚程度は常に持ち歩いているのではないでしょうか。
簡単に作れるようなメンバーズカードのようなものでも、クレジット機能がついているものが増えてきているほどです。
もちろんクレジットカードにもリスクがないわけではないですが、きっちりとその特徴を理解していれば、便利に使えることは間違いありません。

クレジットカードのメリットの一つとして、利用をするたびにポイントが溜まるということがあります。
ポイントを溜めていけば、それをまた現金と同じように使っていくことができるので、実質的にキャッシュバックを受けることができます。

カードによってもポイントの還元率などが変わってきますので、それぞれの特徴を比較してみてもいいかもしれません。

カードによっては100円で1ポイントということもあれば、200円で1ポイントということもあります。
カードを使うのであれば、ポイントの還元率が高いカードのほうがお得に使えることは確実でしょう。

また、カードのポイントでいうと特定のサイトなどで買い物をすることでポイント倍のキャンペーンが適用されることもあります。
これもまた、カードによってキャンペーンの実施内容が違ってきますので、それも押さえておくのが一番です。

こういった特徴がありますので、あまり複数のカードを使い分けるよりは、一枚のカードを使い続けた方が高い還元率を得ることができるでしょう。
しっかりと使い方を考えて計画すると、便利なクレジットカードをより便利に活用していけることでしょう。

年会費0円のすすめ

クレジットカードには維持費が掛かります。
利用の頻度が低い場合は、年会費永久無料(維持費0円)のタイプを選びましょう。
しかし利用の頻度が高い場合、またクレジットカード付帯の機能・特典を重視する場合は、多少なれ年会費を払ったほうが総合的にお得というケースもあります。

基本的に、クレジットカードは使用頻度が高いほどお得になります。
何故なら、年会費は定額です。
年に数回しか使わなかった場合も、年に数十数百回使った場合も変わりません。
クレジットカードの中には、一年の決済総額によって次年度も無料とするサービスがありますが、こちらはあまりおすすめしません。

昨今は条件を緩くする会社も増えてきましたが、全体的に見ればまだハードルは高いです。
その額、100万円〜300万円。
生活費のすべてをカード決済すれば届かない額ではありませんが、一つの口座に資金を統合しなければならず、なかなかに面倒くさいです。
年会費0円を取るか、付帯サービスの充実度を取るかは、その人のライフスタイル次第です。
新規契約の際は、納得がいくまで検討しましょう。

手法によってはグレー扱いの現金化

現金化クレジットカードを現金化する手法は、二つあります。

ひとつは、商品を購入してキャッシュバックを得る手法で、現在の主流です。
もうひとつは、購入した商品をその場で売却して現金を得る手法です。
イメージとしては質入れに近く、何も問題ないように思えます。
しかしクレジットカードの規約に触れるため、現状では“グレー”扱いです。

クレジットカードの規約には『換金を目的とした商品の購入に、カードを利用してはならない』との一文があります。
要約するまでもなく、これは現金化を禁じる規約です。
しかし、この規約は法的な効力を持ちません。
“黒”ではなく“グレー”である事情はそのためで、規約の効力は『民事』の範囲にとどまります。
そのために、換金の手法を採用する業者は多々存在します。
しかし換金による現金化が“グレー”であると告知する業者はなく、クレジットカードの規約違反だと知らぬまま利用する人が絶えません。
しかしカード所有者は、カードの発行を申込んだ段階で規約に同意しています。
当然ながら、(規約を)読んでいなかった・(内容を)忘れていたなど言い訳は通りません。
規約違反が知れれば、問答無用でペナルティが課せられます。
換金による現金化は手法そのものに加え、業者の姿勢も問題視されています。
無用なトラブルを避けるためには自衛が大切です。

現金化を行う際は、可能な限りキャッシュバック方式を選択しましょう。
またキャッシュバックによる現金化と、換金による現金化は、還元率に差があります。
キャッシュバック方式が80%〜に対し、換金方式は80%を下回るケースが多いです。
また店舗型の業者が大半であり、足を運ばねばならない手間もあります。
さらに補足すると、クレジットカードの現金化が必ずしも“得”であるとは限りません。
分割払いをはじめ、総合的な手数料が現金化>キャッシングという構図になることもあります。

初めての現金化~その仕組みと入金までの流れ

最近話題になっている「クレジット現金化」。ここでは「一体どんな仕組みで現金が手に入るのか」「具体的にどんな流れで現金化が行われるのか」を、初めての方でもわかりやすいように説明します。

なぜ買い物をした商品がその場で現金になるのか!?

どうしてカードでショッピングをすると現金が入金されるのか?基本的な「現金化」のしくみを知ってみましょう。

お金が必要な場合、基本的にクレジット会社のキャッシングや消費者金融などから借り入れる方法があります。しかしそこには、2つの難点があります。

・審査が厳しく、手続きに時間がかかる
・金利が高い

それに比べ、現金化は「お金を貸してもらう」のではなく「購入した商品をお金に取り替えてもらう」しくみになっています。ですので、クレジットカードでショッピングができる人であれば誰でも活用でき、高額な金利がかかりません。

手順は極めて簡単。

1. クレジットカード決済で商品を購入する
2. その商品を現金化する
3. クレジットローンを自分のペースで返済する

ここで重要なのは「購入した商品がいくらの現金になるか」です。10万円で購入したものが9万円で売れれば換金率は90%、8万であれば80%ということになります。

その後、商品を購入した額をローンで返済していくので、結局「金利」はかかります。しかし消費者金融と違い、「どんどん金利が跳ね上がっていく」というリスクがありません。

返済は、分割やリボ払いで自分の無理のないペースでていくことができますので安心できるわけです。

方法は2つ~「自分で現金化する」か「業者にお願いする」か

買ったものを現金化する方法には、次の2種類があります。

・自分で商品を売ってお金にする方法
・業者を通して現金化してもらう方法

金券や新幹線の切符など、換金率が高いものであれば自分で売買したほうがずっとお得です。しかしそれではとても時間と手間がかかると同時に、購入した商品の種類によって現金化がクレジット会社にバレてしまう可能性が高くなります。

現金化は規約違反になりますので、もしバレた場合はカードを解約させられることも覚えておかなければなりません。

安全に確実に現金化を行う方法は、やはりプロの業者にお願いすることがベストといえるでしょう。

現金化に関するニュースまとめ

クレジットカード現金化の方法は色々とありますが、最近ではメルカリがいろんな意味で話題を集めています。現金が出品できた頃はもちろんですが、それ以降も様々な方法や手段で現金化の工夫がなされ、多くの人から注目を集めました。

メルカリではクレジットカードでの決済が可能となっているため、それを利用した現金化が問題となっています。現に、禁止されるまでは多くの現金やSuicaが出品されていましたし、それだけ需要があったとも言えるわけです。

どうしてメルカリで現金を落札するのか

メルカリで現金を落札するような人は、もちろんお金を欲しいと思っている人、必要としている人が落札するわけです。ただ、落札価格に関しては額面よりも2割ほど高くなるケースがほとんどです。現金5万円であれば6万円ほどの値段となるため、明らかに大きなマイナスとなるわけです。

にも関わらず落札する理由は、手っ取り早くスムーズに現金を手に入れることができるからです。例えばキャッシングを利用するにしても、審査に時間を要することになりますし、それ以前に審査に通るかどうかも分からないわけです。現金化業者を利用するのも、カード停止や低還元などのリスクが伴うため、不安に思う人も多いです。

その点メルカリの場合は、クレジットカードのショッピング枠が空いていれば、問題なく現金を手に入れることができるわけですし、即日で発送してもらえば翌日には手元に届く可能性が高いです。カード停止のリスクも業者を利用するよりは低いので、多少割高でもこちらを選ぶわけです。

なぜこれまで現金を出品することが可能だったのか

今回の問題でメルカリは、価値の高い昔の貨幣など一部を除いて、現金の出品を全面的に禁止しました。ただ、逆に言えばこの問題が取り上げられるまでは、現金を出品することが可能だったわけです。

実は、以前はメルカリで現金を出品することはできなかったのですが、その後ユーザーからの要望によって出品することが可能になったのです。現行の紙幣や硬貨でも、番号ゾロ目だったり初期の頃に発行されたなど、珍しい貨幣を求める人は一定数いるわけです。

そういった人の要望に応えるために、現金の出品を容認することになったわけですが、これがきっかけで現金化として利用されるようになってしまったのです。元々利用規約では、マネーロンダリングを禁止しており、それに該当する恐れがあるとのことで、現行の紙幣を出品できないようにしたのです。

Suicaが出品されるようになった理由は

しかし、メルカリで現金の出品が禁止されても、今度はSuicaの方が次々と出品されるようになりました。これもまた、現金化として利用されたわけですが、なぜSuicaが出品されたのでしょうか。

多くの電子マネーは、一度チャージすると払い戻しを受けることができないので、現金化として活用することは困難なのです。しかしSuicaに関しては、手数料を支払えば払い戻しを受けることが可能なため、現金が欲しい人にとって交通系ICカードは最適だと言えるわけです。

あらかじめチャージされたSuicaを落札することになるわけですが、払い戻しを受ける上で面倒な手続きなどを行う必要はないので、駅まで出向く手間こそかかるものの、利便性は現金とほとんど変わらないのです。

パチンコ店の特殊景品も出品されていた

さらに、Suica以外にもパチンコ店の特殊景品も出品されていたのです。一応建前としては、あくまで単なる景品として扱われているのですが、それを買い取ってくれる場所に持っていくと、現金と交換をしてくれるシステムなのです。このあたりは法的に色々とややこしい面があるので、メルカリ運営者としても判断は迷ったかもしれませんが、最終的には特殊景品に関しても出品不可となりました。

ただ、これができるのは都内を始めとした一部の地域だけに限られています。大多数の地域では、お店ごとに景品の種類が異なっていたり、交換の際にレシートが必要だったりするので、景品が共通している都内などでなければ利用できなかったのです。なので、需要自体はそこまで多くなかったかもしれません。

現金を折り曲げれば現金ではないという見方も

現金、Suica、特殊景品などが次々と出品される中、さらに大胆な物が出品されるようになったのです。それは、現金を折り曲げて作られた、「魚のオブジェ」や「折り紙Tシャツ」など、非常に斬新的な商品でした。あくまでジャンルとしては、文芸やインテリアに分類されていることから、「現金ではあるけど現金でない」という見方もできなくはないわけです。

もちろん、こちらも運営者が発見次第すぐに削除されましたが、普通の現金よりは発見されるまでに要する時間が長いことから、抜け穴のような存在となっていたのです。他にも、ほとんど現金には見えないような形にしたり、僅かにお金の一部が見えるような工夫をするなど、色々と考えられていたわけです。

現金化業者での申し込みから入金までの流れ

では、業者にお願いした場合、どのような順序で現金化が行われるのでしょう?申し込みから入金までの手続きはとてもスムーズ。一連の流れをご紹介します。

  1. 現金化業者に連絡をとる
  2. ホームページに「申し込みフォーム」が掲載されていますので、そこへ必要事項を記入してください。それをメール送信すれば完了です。業者の営業時間内であれば直接電話をしてもOKです。

  3. 電話がかかってくる
  4. 営業時間内であれば、メールを送信後すぐに電話がかかってきます。もし夜遅くに申し込みを行った場合は、翌朝一番に連絡がくるでしょう。とにかく「反応が速い」のが、この業界の特徴です。

  5. 本人確認を行う
  6. 利用が初めての方は簡単な本人確認が行われます。キャッシングなどの審査とは違い、運転免許証や保険証などの身分証明書の画像をメール送信するだけの簡単なものです。

    2回目以降は省略できますので、よりスピーディに手続きが進みます。

  7. 換金率の確認
  8. 「いつまでに入金してほしいのか」「いくら必要なのか」などの詳細を打ち合わせたら、実際の換金率を確認します。それでOKであれば次の手続きに入ります。

    もし換金率に納得がいかなければ、他の業者を何件か当たってみるのもいいかもしれません。

  9. カード決済でショッピングを行う
  10. むこうから指定された商品をネット上でカード決済します。指定されたページから好きな商品を選べるケースも少なくありません。

  11. 入金を確認する
  12. カード決済が終了すると、数分後には指定したあなたの口座に現金が振り込まれます。これですべての手続きは完了です。

業者がかかわるのはここまでで、後から手数料や金利を請求されることはなく、後から連絡がくることもありません。現金化はこのように大変お手軽で便利なシステムです。

ただし、その後のローン返済が残ることは忘れずにいましょう。無理のない範囲でローンを組むことが大切です。

初めての現金化~最初の申し込みで気をつけたいこと

「電話一本ですぐに入金してもらえる!」が最大の魅力である現金化。しかし慣れない人が申し込むと、思わぬトラブルに巻き込まれたり「あれ?」と戸惑うことも。そんなことが起きないよう、初めての申し込みで予め知っておくと便利なことをご紹介します。

安全&スムーズに現金化を行うために初心者が知っておきたい6つの心得

申し込みを行う前に、次の6つのポイントをチェックしてみましょう。

・連絡がつきやすい時間帯を知っておこう
基本的に現金化業者の営業時間は、年中無休でおおよそ9時~20時前後です。この時間帯に申し込みメールを送れば、数分で業者から電話がかかってきます。

ただし、朝一番は夜にあった申し込みへの対応に追われますので、連絡がつながりにくいかもしれません。

ですので、すぐに手配をしたいときは、混みやすい朝と夕方以降の時間帯は避け、日中に申し込みをするといいでしょう。もし朝一番で連絡が欲しいときは、前の晩に申し込みメールを送っておきましょう。

・予め詳細をメールで送信しておくとスムーズ
申し込み方法には「メールで申し込みフォームを送る」か「電話で直接申し込む」かの2つの方法があります。初めての場合、電話で問い合わせた方が早い気がしますが、口頭で詳細を伝えなければならいので時間がかかります。

予め申し込みフォームからメールを送っておくと、スタッフが最初から情報を把握できますのでスムーズに話が進みます。ですので、まずは申し込みフォームに書き込み、それを送信することをおススメします。

・身分証明書を手元に用意する
現金化を行う際、面倒な審査は一切必要ありませんが、初めての方は簡単な本人確認は必要です。必ず身分証の提示(画像添付で構いません)が求められますので、最初から運転免許証や保険証などの身分証を用意しておくとスムーズです。

・標準的な換金率を知っておく
換金率はお店によって異なりますが、優良店の相場はある程度決まっています。それを知っておくことで、提示された換金率が高いものなのか低いものなのかを判断することができます。

優良店と呼ばれる業者での平均的な換金率は80%前後。これをひとつの目安にしてください。もし、60%や70%前半だったときは、他の業者を当たってみるのもひとつの方法です。

また、換金率そのものが悪くなくても、「手数料」として別途料金を差し引く業者もあります。ですので換金率だけではなく、他に手数料がかかるのか、実際に入金される金額はいくらなのか、をきちんとリサーチしましょう。

・ローン返済は、無理のない方法で
入金が終わると現金化業者とのやりとりは完全に終了しますが、ローン会社へ現金化した商品の返済が始まります。

現金化の素晴らしいところは、ローンの返済方法が自由に選べるところです。一括払いでしたら手数料はかかりませんが、もしそれが大変でしたら分割やリボ払いも可能。

消費者金融のような高い利息に悩まされることはありませんが、負担にならない支払い方法を選びましょう。

・優良店を選ぶ
現金化業者の中には悪徳業者も存在します。そういったお店では、現金が振り込まれなかったり個人情報が悪用されたりといったトラブルに巻き込まれる可能性があります。

ですので、優良店を選ぶことが非常に重要です。ホームページの作りがきちんといているか、スタッフの対応は親切で丁寧かなどをよくチェックしてください。

また、サイトでユーザーの口コミなどから評判を探ってみるのもおススメです。疑問点や不安な箇所があれば、遠慮なくフリーダイヤルに問い合わせましょう。

選ぶ業者を間違えると「こんなはずではなかった」ということになりかねませんので、業者選びは慎重に行ってください。

初めての利用には不安がつきものです。基本的な知識を持っておくことで、悪質な業者に騙されることなく優良店で安全に現金化が行えます。ぜひ参考にしてください。

クジレットカード現金化体験談投稿フォーム

1
2
3
4
5

クレジットカード現金化の体験談をご記入下さい

送信する

評価の平均:  

 0 レビュー

[記事公開日]2017/01/25

申し込み前に知っておきたい!現金化をしてはいけないケースとは?

クレジットカード現金化の基本

どんな人でも簡単に利用できる「現金化」ですが、だからこそ気をつけなければいけないこともあります。「多額な借金も審査なしで行える!」と大きな気持ちで高額を申し込むと、払えなくなったときに厳しい現実に直面することを知っておき・・・

利用する前に知っておきたい「クレジット現金化で背負うリスク」とは?

クレジットカード現金化の基本

審査もなく、たった数十分で誰もが手軽に現金を工面できる「現金化」。便利な反面、「なんだか怪しい」「違法性はないの!?」といった不安を感じる人も少なくありません。実際、現金化にはどんなリスクがあるのでしょうか?それらをきち・・・

現金化は借金と同じ

クレジットカード現金化の基本

クレジットカードの現金化は“キャッシュバック”という名目で行われますが、内容は借金と同じです。 カード決済=現金化をした額だけ、カード会社に支払=返済を行わねばなりません。 まとまった額を現金化した場合は、分割で支払うこ・・・

現金化の流れ

クレジットカード現金化の基本

クレジットカードの現金化は、正しく申込みさえすればスムーズに完了します。 氏名や住所をはじめ必要情報は、誤記入をはじめ不備がないか送信前にしっかりと確認してください。 不備があると、余計な手間と時間を要します。 申込み完・・・

ページの先頭へ